様々なネズミ被害 | 蜂の巣を落としてスズメバチ駆除|これで安心安全のわが家が完成

蜂の巣を落としてスズメバチ駆除|これで安心安全のわが家が完成

様々なネズミ被害

建物に生息するイエネズミ

ちょっと怒った女性

ネズミがたくさんの病原菌を持っていることはよく知られています。私たちの身近にあるネズミが食べ物を齧る事で、私たちは病原菌に感染し病気を発症します。ネズミは私たちにとって、とても身近な動物ですが、被害を及ぼす害獣でもあります。それに、病気だけではなく建物にも被害を及ぼしまします。ネズミが私たちに及ぼすネズミ被害について詳しくみていきましょう。日本に生息するネズミの中で建物に侵入し住み着くのはイエネズミです。イエネズミには、ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3種類がいます。また、ドブネズミは下水や台所等の水の近くに生息しています。そして、クマネズミは住宅の天井裏、ビルやマンションの高層階によくみられます。ハツカネズミは倉庫等に生息しています。

具体的なネズミ被害

イエネズミが持っている病原菌で、よく耳にするのがサルモネラ菌による食中毒です。レプトスピラ症はドブネズミによって感染し発熱や黄疸の症状がおこります。そして、ペストは国内での発症の恐れはありませんが海外で感染する可能性があります。ネズミに咬まれると鼠咬症という病気を発症する恐れがあり、発疹や発熱などの症状があらわれます。ネズミの体にはダニが寄生しており、私たちが感染するとツツガムシ病を発症します。高熱や体の痛みがあり、悪化すると死亡する場合もあります。ですから、侵入した建物へのネズミ被害として主なものが電気配線などを齧ったことによる火災の発生です。配管を齧る事もあり、水漏れなどの原因となります。建物の木材を齧る事もありネズミ被害は大きくなります。